うごくちゃんの死因は自殺で動画で予告していた?躁鬱病の噂や遺書について調査

うごくちゃんの画像 YouTuber


YouTuberの“うごくちゃん”の逝去報道が世間を騒がせています。

 『荒野行動』などのゲーム実況で知られる女性YouTuber・うごくちゃんが、昨年12月31日に亡くなった。8日、所属プロダクション・Studio Coupを運営する企業のTHECOOが報告した。

引用元:Yahooニュース

死因については公表されていないうごくちゃんですが、YouTubeの動画内で自殺を示唆するような発言をしていたと話題になっています。

うごくちゃんの死因は自殺で動画で予告していた?

うごくちゃんが自殺を示唆するような発言をしていたと話題になっている動画はこちら。

2020年12月28日に投稿されたこの動画は、逝去される3日前とは思えないほど元気そうな声を発せられています。

しかし、動画内で「1ヶ月前は病み期だった」とお話しされています。

□うごくちゃんの発言内容まとめ(概要)
  • 「生きるモチベーションがない」という発言がネット記事にまとめられていた
  • 1ヶ月前(11月末ころ)は病んでたけど、今はあの時ほど病んでない。自傷行為するほどじゃない。病み気は脱した。

  • 病んでた時いろんな人に会って「どうやってモチベーションあげてますか?」と聞いていた。それでも解決しなかった。

  • 50万人記念の無観客ライブ(12月6日)あたりから生きる気力が湧いてきた。

  • 自分のことを意識するようになった(ピアスを開けた、整形について調べるようになった、自分カスタムを楽しんでいる、小さいことでもやりたい事をやっていけば人生が楽しくなっていくんじゃないか)

  • いつ死んでも後悔はない」「僕も応援されるような人になりたい」「もうちょっと目標上げる」

このように、「1ヶ月前は病んでいた」ということと「いつ死んでも後悔はない」という発言をされていたので、精神的に不安定だったことが分かります。

ネット上でも、「自殺を示唆するような発言をしてた」と言われています。

また、2020年に出来て良かった事と2021年の目標については以下のようにお話しされています。

2020年できてよかったこと→無観客ライブ

2021年の目標

  • オフラインで有観客ライブをやりたい
  • オリジナルの歌を出す
  • 自分のアパレルブランドを立ち上げたい

前向きな姿勢がみられましたが、そのせいか、“うごくちゃん”に躁鬱病の噂が浮上しているようです。

うごくちゃんの躁鬱病の噂

うごくちゃんは躁鬱病だったのでは?という噂が広まっているようです。

□躁鬱病とは
躁状態とうつ状態を繰り返す精神疾患。
躁状態のときには気分が高ぶり、周囲の誰かれ構わず話しかけたり、ほとんど眠らずに動き回ったりと活動的になる。
うつ状態では一日中憂鬱(ゆううつ)な気分になり、眠れなくなったり、逆に眠り過ぎたりする。

先述の通り、亡くなる1ヶ月前(11月末ころ)は病み期だったという“うごくちゃん”ですが、12月28日に投稿された動画ではいつも通り元気で2021年の目標を楽しそうにお話しされるほど。

この気分の浮き沈みを見た視聴者から「躁鬱病なのでは?」という意見が挙がったようです。

うごくちゃんの遺書について調査

うごくちゃんの遺書があったかどうかについて、情報が公表されていません

もし本当に躁鬱病だったとしたら、衝動的な自死の可能性もあるため、もしかしたら遺書は無かったのかもしれません。もしもあったとしてもご家族から公表されることは無いと思われます。

□こちらの記事も読まれています

うごくちゃんは死因は自殺で動画で予告していた?躁鬱病の噂や遺書について調査|まとめ

YouTuber・うごくちゃんの逝去に関して、動画で自殺を予告していた?という噂や躁鬱病の噂、遺書について情報をまとめました。

ご冥福をお祈りいたします。

タイトルとURLをコピーしました
//フッター部分に解析タグを挿入したいときはこのテンプレートに挿入 //子テーマのカスタマイズ部分を最小限に抑えたい場合に有効なテンプレートとなります。 ?>