真木よう子が演技下手すぎと言われる理由3つ!評判が悪かった出演作一覧

真木よう子さんの画像 女優・アイドル


有名女優として活躍されている真木よう子さん。

ドラマ『最高の離婚』『MOZU』などのヒット作品に恵まれている真木よう子さんですが、視聴者からは「演技下手すぎ」と言われている様子。そこで、

✔︎真木よう子さんが演技下手すぎと言われる3つの理由
✔︎真木よう子さんの演技の評判が悪かった出演作一覧

をまとめました。

真木よう子が演技下手すぎと言われる理由3つ!

真木よう子さんの画像

出典:Twitter

□真木よう子さんのプロフィール

本名:金森蓉子(かなもり ようこ)
生年月日:19821015
年齢:38歳(2021年現在)
出身:千葉県印西市
身長:160cm
血液型:A
職業:女優、歌手
所属:そよかぜ(マネジメント契約はレプロエンタテインメント)

1999〜2000年、16〜17歳のころに俳優養成所『無名塾』の公演『どん底』で女優デビューを果たして以来、女優として活躍されている真木よう子さん。その女優歴は21年目を迎えています。

これまで、ドラマ『最高の離婚』や『MOZU』、NHK大河ドラマ『龍馬伝』や映画『東京フレンズ』など、数多くのドラマや映画に出演されてきた真木よう子さんですが、ネット上では「演技が下手すぎる」と言われているようです。

真木よう子さんは、なぜ「演技下手すぎる」と言われてしまうのでしょうか。その理由は大きく分けて3つあるようです。

演技下手すぎと言われる理由1:滑舌が悪いから

真木よう子さんが「演技下手すぎ」と言われる理由1つ目は、滑舌が悪いから

ドラマ『ボイス110緊急指令室 CALL BACK』や『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~』の予告動画を観ると、確かに真木よう子さんの滑舌が悪いことが分かります。

また、ドラマの番宣のために様々な番組に出演されたこともありますが、どうやら演技以外のときも滑舌が悪いようです。

口をあまり大きく開けず、ボソボソっと呟くような話し方なので、元々の滑舌の悪さが演技に影響しているようです。

演技下手すぎと言われる理由2:セリフが棒読みだから

真木よう子さんが「演技下手すぎ」と言われる理由2つ目は、セリフが棒読みだから

「セリフが棒読み」と言われている真木よう子さんですが、特にゲーム『龍が如く6 命の詩。』の棒読み演技が話題になりました。

収録の様子を見ると、台本をそのまま読み上げている印象を受けます。ネット上でも「完全に棒読み」「(ゲスト出演はいいけど)実力は考慮してほしい」「棒読み芝居が酷すぎて内容が全く入ってこない」などの意見が見受けられました。

演技下手すぎと言われる理由3:ガサツで下品だから

真木よう子さんが「演技下手すぎ」と言われる理由3つ目は、演技がガサツで下品だから

2017年7月13日〜9月7日放送のドラマ『セシルのもくろみ』では、ファッション雑誌の読者モデル・宮地奈央役を演じられた真木よう子さんですが、その演技が「ガサツで下品」とかなり不評だった様子。

この「ガサツで下品」な演技は、役柄イメージを忠実に再現しているものだと思われますが、「無理やりなガサツ感」に違和感を覚える視聴者が多かったようです。

また、真木よう子さんは元々サバサバした性格。そのせいか、普段から仕草や言動がガサツで下品だそうで、そのガサツさや下品さが演技に現れたのでは?と言われているようです。

しかし、その「ガサツで下品」なところが反対に長所にもなっている様子。中には「整った容姿に宿るガサツ感がクセになる。目が離せない」といった意見もあるようです。

このように、滑舌の悪さと棒読み演技、下品でガサツなところが「演技が下手すぎる」と言われている真木よう子さんですが、特に評判が悪かった過去の出演作をまとめてみました。

真木よう子の演技の評判が悪かった出演作一覧

真木よう子さんの画像

出典:Twitter

真木よう子さんはこれまで数多くのドラマ・映画に出演されていますが、その中でも特に「演技が下手すぎる」と評判の悪かった作品をまとめます。

ドラマ『MOZU

2014年放送のドラマ『MOZU』に出演された真木よう子さん。

『MOZU』の画像

出典:Twitter

真木よう子さんはメインキャスト・明星美希役を演じられたので、2014410日〜612日放送のSeason1~百舌の叫ぶ夜~』、2014622日〜720日放送のSeason2~幻の翼~』の双方に出演されましたが、視聴者からは「演技が下手すぎる」という声が寄せられたようです。

やはり、真木よう子さんの演技に対して「棒演技」「棒演技すぎて観てて辛くなってきた」「全てが固い」といった意見が多いようです。

他には、「ああいう役柄の演技下手だね」と、ドラマ『MOZU』でのシリアスな演技が向いていないといった意見も見受けられます。


真木よう子さんは、どちらかというと穏やかな役やコミカルな役の方が向いているのかもしれません。

ドラマ『ボイス 110緊急指令室

2019713日〜921日放送のドラマ『ボイス 110緊急指令室』に出演された真木よう子さん。

『ボイス』の画像

出典:Twitter

今作で真木よう子さんが演じたのは緊急指令室 ECU室長。早口のセリフが多かったためか滑舌の悪さが目立ち、「滑舌が致命傷」「滑舌が悪すぎてストーリーが入ってこない」「演技が全部嘘くさい」などの声が多く見受けられました。

また、シリアスなドラマのため低い声で話すシーンが多いので、「声低くて喋りにくそう」「声低いから聞こえにくい上に滑舌も悪い地獄コンボ」と話題になりました。

しかし、中には「怒りの演技がいい」という声も。

真木よう子さんは、シリアスな演技は苦手かもしれませんが、怒りや悲しみを表現する演技は向いているのかもしれません。

作品によって評判が違いすぎる

真木よう子さんは、中には「〇〇の演技は良かった」という意見もあり、作品や役柄によって演技の評判が違いすぎると言われてるようです。


もしかしたら、ドラマ『MOZU』やボイス 110緊急指令室』では、単純に役が合っていなかった=演技が下手すぎと言われていたのかもしれ魔びをねのに。

□こちらの記事も読まれています

真木よう子が演技下手すぎと言われる理由3つ!評判が悪かった出演作一覧|まとめ

真木よう子さんが「演技下手すぎ」と言われる理由や、演技の評判が悪かった出演作について情報をまとめました。

滑舌の悪さや棒読みなどを指摘されている真木よう子さんですが、もしかしたら今後、滑舌トレーニングや矯正治療などに取り組まれるかもしれません。今後のご活躍も楽しみにしています。

女優・アイドル 女性芸能人
komachiをフォローする
KOMACHI NEWS
タイトルとURLをコピーしました
//フッター部分に解析タグを挿入したいときはこのテンプレートに挿入 //子テーマのカスタマイズ部分を最小限に抑えたい場合に有効なテンプレートとなります。 ?>