藤原竜也の演技はいつも同じで下手?大根役者説や絶叫芸で声ガラガラの噂

藤原竜也さんの画像 俳優・タレント


演技派俳優として有名な藤原竜也さん。

その演技力が高く評価されており、映画『デスノート』『バトルロワイヤル』などのヒット作にも恵まれている藤原竜也さんですが、中には「演技がいつも同じ」「演技が下手」という意見も。また、「大根役者」「絶叫芸で声ガラガラ」という意見もあるようなので、

✔︎藤原竜也の演技はいつも同じ?
✔︎藤原竜也の演技が下手と言われる理由とは
✔︎藤原竜也の大根役者説について
✔︎藤原竜也は絶叫芸で声ガラガラって本当?
について情報をまとめました。

藤原竜也の演技はいつも同じ?

映画『僕だけがいない街』の藤原竜也さんの画像

出典:Twitter

□藤原竜也さんのプロフィール

本名:藤原竜也(ふじわら たつや)
生年月日:1982515
年齢:38歳(2021年現在)
出身:埼玉県秩父市
身長:178cm
血液型:A
職業:俳優
所属:ホリプロ

1997年、15歳の時に舞台『身毒丸』主役オーディションでグランプリを獲得し、俳優デビューを果たした藤原竜也さん。

デビュー作で、ヨーロッパ最大の文化施設・バービカンセンター(ロンドン)のステージに立ち、「15歳で初舞台とは思えぬ存在感で天才新人現る」と評価されたほどの演技力と才能を持った演技派俳優です。

そんな藤原竜也さんですが、最近では「演技がいつも同じ」「ワンパターン」と言われることが多い様子。

なぜ、演技力が高く評価されているはずの藤原竜也さんの演技が「いつも同じ」「ワンパターン」と言われてしまうのでしょうか。それは過去の出演作の役柄イメージに関係があるようです。

『バトルロワイヤル』『デスノート』『カイジ』『ダイナー』が同じ演技

20002001年に公開された映画『バトル・ロワイアル』シリーズや、20062016年に公開された映画『デスノート』シリーズ、20092020年に公開された映画『カイジ』実写映画シリーズや、201975日公開の映画『Dinerダイナー』などに出演されている藤原竜也さん。

映画『バトルロワイヤル』の画像

出典:Twitter

映画『デスノート』の画像

出典:Twitter

どれも大ヒット作品ですが、その中で藤原竜也さんが演じた役柄が似ていることから、「藤原竜也の演技はいつも同じ」「ワンパターン」と言われてしまっているようです。

これらの役柄に共通している点は、声を張り上げるシーンや叫ぶシーンが多いところ。視聴者の中でも「藤原竜也は叫ぶ演技の印象が強い」と言われているようです。

叫ぶ演技と「えっ」の台詞がいつも同じ

藤原竜也さんは、叫ぶ演技と「えっ」の台詞がいつも同じと言われているようです。

また、藤原竜也さんの「えっ」の台詞はこちら。

確かに、どの「えっ」も同じように聞こえてしまいます。

他にも、藤原竜也さんの個性が強すぎるせいか、「どの役を演じても藤原竜也にしか見えない」という意見も多いようです。

どの役を演じても藤原竜也にしか見えない

藤原竜也さんの画像

出典:Twitter

藤原竜也さんは、「どの役を演じても藤原竜也にしか見えない」と言われているようです。

個性の強さは芸能人にとっては武器になりますが、俳優としては時に弊害になってしまうのかもしれません。

そんな藤原竜也さんですが、演技が同じに見えるどころか「演技が下手」という意見もある様子。なぜ「演技が下手」と言われてしまうのでしょうか。

藤原竜也の演技が下手と言われる理由とは

藤原竜也さんの画像

出典:Twitter

演技派俳優のはずが、中には「演技が下手」という意見も多い藤原竜也さん。なぜ「演技が下手」かと言われるかというと、いくつかの理由があることが分かりました。

演技が下手と言われる理由1:大げさだから

藤原竜也さんの「演技が下手」と言われる1つ目の理由は、演技が大げさだから

藤原竜也さんは、1997年の舞台『身毒丸』で俳優デビューを果たして以来、2020年まで舞台での継続も続けています

舞台での演劇は、テレビドラマや映画よりも大げさな演技をすることで知られていますが、藤原竜也さんは舞台での演劇をドラマ・映画に持ち込んでいる演技が大げさすぎると言われているようです。

演技が下手と言われる理由2:演技の幅が狭いから

藤原竜也さんの「演技が下手」と言われる2つ目の理由は、演技の幅が狭いから

藤原竜也さんの画像

出典:Twitter

先述の通り、藤原竜也さんは似たような役柄を演じることが多く、特に叫ぶシーンの印象が強いため、演技の幅が狭い=演技が下手と言われてしまっているようです。

実際はさまざまな役柄を演じられていますが、あまりにも叫ぶイメージが強いため「演技の幅が狭い」という印象があるようです。

演技が下手と言われる理由3:台詞が棒読みだから

藤原竜也さんの「演技が下手」と言われる3つ目の理由は、台詞が棒読みだから

藤原竜也さんの棒読み演技が話題になったのは、2019年に公開されたアサヒビールのCMウィルキンソン・ハードナイン、ドライセブン』。

しかし、このCMはわざと棒読み演技をしているだけなので、実際の藤原竜也さんの演技力とは関係ないと思われます。

藤原竜也は大根役者説

藤原竜也さんの画像

出典:Twitter

藤原竜也さんは、「演技がいつも同じ」「演技が下手」の他に「大根役者」という意見もあるようです。

なぜ「大根役者」と言われているかというと、やはり演技が大げさから。演技が大げさ・わざとらしいというイメージから「大根役者」という意見に発展しているようです。

しかし、藤原竜也さんの演技力を否定する人の大半は、藤原竜也さんの演技をちゃんと見たことのない人が多い様子。「彼の舞台見たらそんなこと言えん」など、ちゃんと見れば評価が変わるといった意見も多く見受けられます。

藤原竜也は絶叫芸で声ガラガラの噂

藤原竜也さんの画像

出典:Twitter

先述の通り、叫ぶシーンがとにかく多い藤原竜也さん。

叫ぶ演技のしすぎのせいか、藤原竜也さんの声がガラガラという噂があるようです。

しかし、「ガラガラな声がいい」という意見もあるようで、声がガラガラなところも武器になっている様子。演技派俳優にとっては、どんな点もプラスになるのかもしれません。

□こちらの記事も読まれています

 

藤原竜也の演技はいつも同じで下手?大根役者説や絶叫芸で声ガラガラの噂|まとめ

藤原竜也さんの演技について、下手と言われる理由などの情報をまとめました。

確かに、藤原竜也さんといえば叫ぶシーンが印象的ですが、それほど視聴者の記憶に残る演技をされている証拠。俳優冥利に尽きるとも言えるかもしれません。

藤原竜也さんの今後のご活躍も楽しみにしています。

俳優・タレント 男性芸能人
komachiをフォローする
KOMACHI NEWS
タイトルとURLをコピーしました
//フッター部分に解析タグを挿入したいときはこのテンプレートに挿入 //子テーマのカスタマイズ部分を最小限に抑えたい場合に有効なテンプレートとなります。 ?>