キムタクの父親は盆栽カフェ経営!場所や脱サラの経緯は?親子喧嘩で絶縁

木村拓哉さんと父親の画像 俳優・タレント


長女cocomiさん、次女kokiさんが芸能界デビューを果たし、今や父親としての顔も見せ始めている“キムタク”こと木村拓哉さん。

その木村拓哉さんの父親は現在都内で盆栽カフェを経営。過去に脱サラされて複数の飲食店を経営されたり、木村拓哉さんと絶縁状態にあった時期もあるとか。そこで、

✔︎木村拓哉さんの父親が経営する盆栽カフェについて
✔︎木村拓哉さんの父親の脱サラの経緯ややばい退職理由
✔︎木村拓哉さんと父親が絶縁した親子喧嘩とは?
について情報をまとめました。

キムタクの父親は盆栽カフェ経営!

木村拓哉さんの画像

出典:Twitter

“キムタク”こと木村拓哉さんの父親は盆栽カフェを経営されています。

店名は盆栽カフェ『小品盆栽 季の風』。

盆栽カフェ『小品盆栽 季の風』

出典:Twitter

盆栽カフェ『小品盆栽 季の風』

出典:Twitter

店内には600もの盆栽と鉢が展示されており、初心者でも盆栽を始めやすい品揃えになっている様子。葉物は山もみじ、かえで、クチナシ、花物は長寿梅など、季節が感じられる盆栽を店主が厳選しています。

また、木村拓哉さんの父親ご自身が月1回・全8回の盆栽教室も開催。水やりの方法や花の咲かせ方、夏冬の管理や盆栽展への準備など、“誰でも気軽に小品盆栽を楽しめる”ことをコンセプトに講義を開催されています。

ケーキやコーヒーも用意されているので、盆栽を眺めながらのんびりくつろぐことができます。

盆栽教室も受けられる盆栽カフェは貴重だと思いますが、木村拓哉さんの父親はどのような経緯で脱サラして盆栽カフェをオープンされたのでしょうか。

キムタクの父親の盆栽カフェの場所や脱サラの経緯は?

木村拓哉さんの画像

出典:Twitter

□木村拓哉さんの父親のプロフィール

本名:木村秀夫(きむら ひでお)
生年月日:1949
年齢:70歳(2020年現在)

70歳を迎えた木村拓哉さんの父親・木村秀夫さん。現在は盆栽カフェ『小品盆栽 季の風』を東京都三鷹市で営業されています。

しかし、木村拓哉さんの父親・木村秀夫さんはもともとサラリーマン。どのような経緯で脱サラされたのでしょうか。

1996年まで:川島織物(現川島織物セルコン)勤務

木村拓哉さんの父親・木村秀夫さんは、新卒の1972年頃〜1996年まで川島織物(現在は川島織物セルコン)という老舗大手織物メーカーに勤務されていました。

川島織物セルコンの画像

川島織物(川島織物セルコン)は、着物の帯、緞帳、カーテン、壁装、床材、インテリア雑貨などを手掛けるファブリックメーカー。1843年に京都で創業された老舗で、明治・昭和時代から職人が伝統技術を継承している会社。祇園祭の祭礼幕にもその商品が使用されています

木村拓哉さんは3歳頃まで大阪府箕面市に住んでいましたが、父親の転勤による引越しだったようです。

木村拓哉さんの父親・木村秀夫さんの川島織物(川島織物セルコン)退職理由ですが、どうやら木村拓哉さんの写真集に関係があるようです。

木村拓哉さんの写真集の画像

出典:Twitter

当時人気絶頂だった“キムタク”こと木村拓哉さん。父親・木村秀夫さんのコネで、1996年に『川島織物』の関連会社『株式会社川島インターナショナル』から木村拓哉さんの写真集を販売

なんと、ジャニーズ事務所の許可を得ずに販売してしまったため、ジャニーズ事務所と木村拓哉さんの父親・木村秀夫さんで揉め事になってしまったようです。

木村は20代の頃から父親が社長を務める個人事務所に入っており、そこから写真集をリリースしたこともあった。だが、木村と工藤静香が結婚したころから関係が悪化したよう。どうやら、両親ともに工藤を気に入っていなかったようですよ。

引用元:GJ

どうやら、父親・木村秀夫さんが木村拓哉さんの個人事務所を立ち上げ、マネジメントを請け負っていたことからトラブルが生じた様子。

そのことが直接の原因かどうかは公表されていませんが、木村拓哉さんの父親・木村秀夫さんは同年1996年に『川島織物』を退社。脱サラして夫婦でイタリアンレストランの経営を始めます。

1997年:脱サラして夫婦でイタリアンレストランを経営(世田谷)

木村拓哉さんの父親・木村秀夫さんは、ご夫婦で協力して、1997年にイタリアンレストラン『ラ・ポニータ』をオープン

イタリアンレストラン『ラ・ポニータ』の画像

“キムタク”こと木村拓哉さんは、当時ドラマ『ロングバケーション』出演などで人気がうなぎのぼり。レストラン『ラ・ポニータ』でもキムタクグッズを販売していたそうで、開店当初からキムタクファンが押し寄せ、世田谷店と川崎店の2店舗展開に踏み切ります。

しかし、キムタク人気であまりにも有名になってしまった木村拓哉さんの父親・木村秀夫さん。日常生活やレストラン業務に支障が出るほどになってしまい、オープンから約10年後の2005年にイタリアンレストラン『ラ・ポニータ』を閉店してしまいます。

木村拓哉さんの父親・木村秀夫さんは当時56歳。まだまだ働く意欲のある木村秀夫さんは、再びご夫婦でイタリアン薬膳レストランをオープンさせます。

2005年:夫婦でイタリアン薬膳レストランを経営(川崎)

木村拓哉さんの父親・木村秀夫さんは、20059月から200910月まではご夫婦でイタリアン薬膳レストラン『リストランテ いな田』を経営ています。

『リストランテ いな田』の画像

『リストランテ いな田』の料理画像 『リストランテ いな田』の料理画像

“より健康に良い食事を”をコンセプトに川崎市に展開されたイタリアン薬膳レストラン『リストランテ いな田』は、瞬く間に人気レストランになり、20091020日の閉店まで多くのお客さんに愛されるレストランとなりました。

イタリアン薬膳レストラン『リストランテ いな田』閉店後、木村拓哉さんの父親・木村秀夫さんは盆栽カフェを開きます。

2006年頃:盆栽カフェ『小品盆栽 季の風』オープン

2006年ころ、木村拓哉さんの父親・木村秀夫さんは盆栽カフェ『小品盆栽 季の風』をオープンし、2020年現在もお1人で経営されています。

木村拓哉さんの父親・木村秀夫さんは現在70歳。世間一般的にはすでに定年退職されている年齢ですが、仕事が好きでまだまだ続けている様子。そんな父親・木村秀夫さんは、“キムタク”こと木村拓哉さんと親子喧嘩で絶縁していた時期があるそうです。

キムタクは父親と親子喧嘩で絶縁していた?

木村拓哉さんの画像

出典:Twitter

木村拓哉さんは、父親・木村秀夫さんと親子喧嘩で絶縁していた時期があるようです。

その親子喧嘩の原因は、木村拓哉さんの妻・工藤静香さん

工藤静香さんはとても気が強いらしく、現在の木村家では木村拓哉さんより工藤静香さんの意見が優先されることが多い様子。木村拓哉さんの父親・木村秀夫さんは、もともと気が強い工藤静香さんのことを良く思っていなかったようです。

木村拓哉さんと工藤静香さん

出典:Twitter

また、父親・木村秀夫さんは、木村拓哉さんの元カノ「かおりん」の方が気に入っていたこともあり、木村拓哉さんと工藤静香さんの結婚に猛反対。木村拓哉さんはその反対を押し切って工藤静香さんと“授かり婚”したため、一時期は親子仲が悪く「絶縁状態」だったと言います。

現在もほとんど交流がないようですが、陰ながら木村拓哉さんの活動を応援されているそうです。

□こちらの記事も読まれています

画像|キムタク(木村拓哉)の母親はアムウェイ講演会の講師!宗教家説も 

https://komachii.com/takuya-kimura-mother-spiritual

画像|キムタクが老けた!ほうれい線にヒアルロン酸!目が変わったのは眼瞼下垂? 

https://komachii.com/takuya-kimura-nasolabial

キムタクは性格悪すぎでファン離れ続出?共演者の評判と性悪エピソード 

https://komachii.com/takuya-kimura-hate

画像|キムタクの家は中目黒の豪邸!間取りや値段は?散歩の目撃情報まとめ 

https://komachii.com/takuya-kimura-home-mansion

キムタクの総資産と財産が凄い!年収推移や貯金は?お金の使い道も調査 

https://komachii.com/takuya-kimura-property

キムタクの愛犬の犬種と名前の由来!しつけのポイントや散歩当番は? 

https://komachii.com/takuya-kimura-dog6

キムタクの父親は盆栽カフェ経営!場所や脱サラの経緯は?親子喧嘩で絶縁|まとめ

木村拓哉さんの父親の盆栽カフェや脱サラの経緯、“親子喧嘩で絶縁していた”という噂の真相について情報をまとめました。

現在は木村拓哉さんの長女cocomiさん、次女kokiさんも芸能界デビューを果たし、家族で仲良く過ごしている様子。ご両親との関係も改善されると良いですが、現在はそれぞれ違う環境で生活を送られているようです。

木村家の皆さんの今後のご活躍も楽しみにしています。

タイトルとURLをコピーしました
//フッター部分に解析タグを挿入したいときはこのテンプレートに挿入 //子テーマのカスタマイズ部分を最小限に抑えたい場合に有効なテンプレートとなります。 ?>