DHCのヘイト発言まとめ!SNSでは不買活動呼びかけも多数

DHC文面 Twitterトレンド


株式会社ディーエイチシーの代表取締役・CEOの吉田嘉明氏が、公式サイトで在日コリアンへの蔑称を使い、他社を批判したことが話題になっています。

DHCのヘイト発言まとめ

2016年2月:在日コリアンを“似非日本人”と表現

株式会社ディーエイチシーの代表取締役・CEOの吉田嘉明氏は、2016年にも在日コリアン差別の表現を用いたメッセージを公式サイトに掲載し、批判を浴びました。

《政界(特に民主党)、マスコミ(特に朝日新聞、NHK、TBS)、法曹界(裁判官、弁護士、特に東大出身)、官僚(ほとんど東大出身)、芸能界、スポーツ界には特に多いようです。芸能界やスポーツ界は在日だらけになっていてもさして問題ではありません。影響力はほとんどないからです。問題は政界、官僚、マスコミ、法曹界です。国民の生活に深刻な影響を与えます。私どもの会社も大企業の一員として多岐にわたる活動から法廷闘争になるときが多々ありますが、裁判官が在日、被告側も在日の時は、提訴したこちら側が 100%の敗訴になります。裁判を始める前から結果がわかっているのです。似非日本人はいりません。母国に帰っていただきましょう。》

引用元:yahoo!ニュース

このメッセージの以下の部分が批判されました。

似非日本人はいりません。母国に帰っていただきましょう。

他にも、「日本人として帰化しているのに日本の悪口ばっかり言っていたり、徒党を組んで在日集団を作ろうとしている輩」が「似非日本人、なんちゃって日本人」と指摘しており、かなり大きな問題になりました。

2020年11月:在日コリアン差別

株式会社ディーエイチシーの代表取締役・CEOの吉田嘉明氏が、以下の文章を掲示し、問題視されています。

DHC文面

出典:Twitter

問題視されているのは以下の部分。

《サントリーのCMに起用されているタレントはどういうわけかほぼ全員がコリアン系の日本人です。そのためネットではチョントリーと揶揄されているようです。DHCは起用タレントをはじめ、すべてが純粋な日本人です。》

これに対し、ネット上では「#差別企業DHCの商品は買いません」というハッシュタグがトレンド入りし、DHC商品の不買運動を呼びかける声が多く投稿されています。

また、DHCの『虎ノ門ニュース』にも注目が集まっています。

DHCの『虎ノ門ニュース』も話題に

株式会社ディーエイチシーの関連会社・株式会社DHCテレビジョンでは、月曜日から金曜日にYouTubeやニコニコ動画で『虎ノ門ニュース』という番組を配信。

この番組にも、百田尚樹さんや有本香さんなど、レイシスト(人種差別主義者)と言われる方達が出演し、海外にルーツのある人々の尊厳を傷つける放送内容に批判が集まることが多いようです。

なお、株式会社DHCテレビジョンの代表取締役会長には株式会社ディーエイチシーの代表取締役・CEOの吉田嘉明氏の名前が。株式会社ディーエイチシーはレイシストの会社なのか?と言われてもおかしくないかもしれません。

SNSでは不買活動呼びかけも多数

DHCのヘイト発言まとめ!SNSでは不買活動呼びかけも多数|まとめ

Twitterでは「#差別企業DHCの商品は買いません」のハッシュタグがトレンド入りし、物議を醸しています。また、このような差別発言が2度目ということもあり、株式会社ディーエイチシーの今後の対応に注目が集まります。

Twitterトレンド
komachiをフォローする
KOMACHI NEWS
タイトルとURLをコピーしました
//フッター部分に解析タグを挿入したいときはこのテンプレートに挿入 //子テーマのカスタマイズ部分を最小限に抑えたい場合に有効なテンプレートとなります。 ?>